紀ノ国屋の歴史

1910

青山で果物商として創業

紀ノ国屋は1910年(明治43年)、青山の地で、果物商としてスタートしました。

1953

レジで精算。新しい買い物スタイルを導入

当時の一般的な商店にはレジスターはなく、代金は「溜め銭」というザルで代金のやり取りを行っていました。

お客様自ら商品を選び、レジで精算する日本初のセルフサービス・スーパーマーケットを東京・青山に開店。

便利でおしゃれなクラフト紙製バッグを提供

今では当然のことでも、当時は画期的なショッピングバッグ。お買物のお客様に提供しました。

セルフサービスに欠かせないショッピングカートを導入

日本に数台しかないカートは米国人向けのストアで使用されたものでした。

1956

パン食普及に貢献。インストアベーカリー開設

主食としてのパンを目指して自家製パンの開発をスタート。現在では250種類以上のパンが毎日焼かれています。

1963

外国フェアの企画を先駆ける

外国の食文化に接することが少なかった当時、どこよりも早く外国フェアを開催し、お客様に楽しんでいただきました。

1964

日本で初めてフランスからナチュラルチーズを空輸

食生活の欧風化を予見し、当時の食生活には馴染みが薄かったナチュラルチーズを空輸。チーズ普及に貢献しました。

1978

フランスの高級惣菜シャルキュトリーを販売

フランス料理界で最高の名誉、「M.O.F.」を受賞したシェフのもとで技術を修得。伝統の技を守り続けています。

1995

エコロジーバッグの誕生

東京都推進の「マイバッグキャンペーン」として販売をスタート。当初、スタンプとの交換のみで提供していました。

2010

創業100周年

2010年には100周年を迎え、安全・安心・良質の食材を、食文化とともに提供し続けております。

2013

セルフサービス方式スーパーマーケット60周年

紀ノ国屋が日本初のセルフサービス方式のスーパーマーケットとして、1953年に東京・青山に開店してから60年。紀ノ国屋は、これからも「食を豊かに、人生を豊かに」をモットーにおいしさと安心を食卓にお届けするため、常に進化を続けます。